りんご、ブルーベリー、サクランボ、プラム、プルーン、ブドウの直売と果物摘みをやっている果樹園のオーナーのひとり言


by ttm1212

<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

a0089814_4515456.jpg

2泊3日は瞬くうちに過ぎあわただしくタイ国の青年男女たちは次の日程で夜も十分な睡眠もとらず我が家を立去っていきました。  話したいことも聞きたいことも沢山あったでしょうが、、、、深夜に彼女たちが語ったことは日本に来て短い日時の間に感じとつたことは  この資源のない小さな国で社会秩序が整いいるのはなぜでしょうか?  若い人でも手を合わせて挨拶をされる親しみのあるほほえみ国に幸せの多々からんことを祈るばかりです。彼女たちが りんごの苗木を植えたのもすぐには果実はなりません  手入れをして愛情注いで時間をかけてはじめて美味しい果実がえられるということも話してあげましたハードスケジュルの日本滞在10日間優秀な彼らにどんな思いがのこるのしょうかいい印象を抱いて帰国されることをお祈りします。
a0089814_1842829.jpg

by ttm1212 | 2009-04-29 05:33
a0089814_18421818.jpg

(21世紀東アジア青少年大交流計画)タイ一陣が来日10日間の日程で訪日されました
23日午後北海道うに見えて長沼町に夕方はいられました.  男女25名で農家民宿で我が家には女性4名と通訳(女性)で5名で2泊3日の短い期間ですが家族として受け入れましたタイ語の通訳がいないと英語も通じないことで大変でしたが そこは歳の功で女性同士ですので気心が通ってうまく行きました  暑い熱帯に近い地方の方々ですので寒いのは苦手のようで防寒具を用意してこられた方もありました何か記念になるようにとリンゴの苗木を植えていただくことにしました。1本1本来られた方の名前を記して植えましたその  ときの映像です良い思い出になることでしょう。
by ttm1212 | 2009-04-26 19:50
a0089814_1828588.jpg

雪解けが早かったのか野の花が急いでいるようです  福寿草はもう老いて かたくり えぞのりゅきんか
アズマイチゲ えぞのえんごさく など一斉に春を謳歌しているようです  とりわけ深川の故郷よりもちこんだかたくりは元気に増えたようです  可憐なカタクリの花に思いひとしおです。カタクリの花が終わったころ深川の裏山から30株とか50株を掘り出して球根のあるところは20cmか30cmも深い笹の根の中から掘り出すのですから大変です 虫に攻撃されながら花の終わった球根を向かいの果樹園に行く農道に翌日植え込みます。  10年もつずいたでしょうか  今では小さな葉のカタクリが親株の周りに見えます8年もたたないと花を咲さないとのことです。長沼に根ずいた 故郷の花 もっと群落なるようにしたいものです  久しぶりの雨で午後からお休みとしましたブルーベリーの剪定がもう半日となりあとは栗のみとなり薬剤散布と若木の補植が待っています。
by ttm1212 | 2009-04-21 19:19
a0089814_20172714.jpg

春先はやらなければならないことが沢山あります  幼木の移植 苗木の定植などユンボを使って樹の移動をするのは いいドライバーをお願いしないと樹を傷めたりしますので列に同じ品種をそろえて効率よい園にしなければと樹の移動をおこないました。 ドルゴ  ジャム用りんごなどは1列にかためました  黄色いリンゴのトキなどが散らばっていますのでこれもまとめました  多すぎるりんごの さんさなども整理してと思いますがなかなか良い品種がみつかりません  ブルーベリーも大玉種にハスカツプも優良品種に切り替えてゆかなければと  考えています
a0089814_21395999.jpg

by ttm1212 | 2009-04-18 20:33
a0089814_19513761.jpg

ブルーベリーの剪定を早く終わらせて貝殻虫の防除を急がなくてはとあせつています
花芽がずいぶん膨らんできましたのでマシン油乳剤95%を散布してミズキカタカイガラを駆除しないといい果実がとれません  古い枝を落として若い花芽のついた枝に変えなければと、 みんなで剪定を急いでいます。
by ttm1212 | 2009-04-18 20:13
a0089814_18571444.jpg


深川市より剪定師が応援に来てくれてリンゴの剪定が終わりました 寒い日もありましたが雨も雪もなく雪の解けた大地を短靴で足元も軽く作業ができました。
by ttm1212 | 2009-04-10 19:17
a0089814_20344712.jpg

快晴の日お手伝いの方3人でブルーベリーの若木の紙袋をはずしました花芽がふくらんで青く膨らんでいました。   お米の空き袋ですが2年使用してもう1年使用できるかもしれません   土の湿りのあるうちに肥料を施用してミズキカタカイガラの防除で機械油乳剤の18倍液を散布したいものです。  25年生の大株は
主熟枝を10本以内に整理して樹高を低くしたいものです
by ttm1212 | 2009-04-02 20:59