りんご、ブルーベリー、サクランボ、プラム、プルーン、ブドウの直売と果物摘みをやっている果樹園のオーナーのひとり言


by ttm1212

<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

果樹園経営に携わつて65年 ながいようでアッと言ふ間の幻のようでもあります。
祖父広吉翁の教えのように(人は, 一代かけてやればほどほどのなにかができるぞ)  途中で地位や名誉や色香に迷うと駄目ぞ。 ひたすらに我が道に励みなさい。)とおしえられました大正 昭和 平成と激動の戦中戦後をかいくぐり果樹栽培に打ち込だ65年でした父運吉の後を継ぎ無我夢中のようでした
a0089814_16503819.jpg
a0089814_16522220.jpg
昭和16年10月16
日の初雪 リンゴがたくさんなつていましたが思いがけない早い初雪で枝折れ続出  昭和29年 9月26日の洞爺丸台風樹上の果実の95%が落下など天災でつらい悲しいときもありましたがまた豊かな収穫の喜びもあり 災害の教訓を忘れず喜びも悲しみも悲喜こもごもの歳月でした。古いアルバムより於深川市納内村
by ttm1212 | 2012-02-22 11:36
a0089814_1412361.jpg
a0089814_1425372.jpg

昨年暮れより東京の兄弟たちに私も高齢に成り絵の格納する場所をどうするか?と相談したところ写真に写して本にしてはゆう案が出て先日完成して届きました   1975年に絵筆を持つ手から果樹園をきりもりしながらよくぞこれだけの絵をかいたと我が妹ながら感心しています
by ttm1212 | 2012-02-20 14:27
この冬一番の寒さでした  明日はスキー場祭りです 寒気団は東に去り今日より気温は上がりそうです。  パソコンのトラブルもなおりましので一安心です。青空のいいお天気でしたが気温は放射冷却で寒い一日でした。何日かの雪でキタキツネもお腹がすいたのか 屋敷周りに足跡がたくさん見えました
a0089814_18141949.jpg

大雪で雪の上を餌を探すのも大変でしょう。屋根からの落雪でボイラーの排気口が埋まりお湯が出ませんでっしたが、雪を掘りだしますとお湯が出ましたが雪国の悩みでしょう。積雪は1mを超えていますが防風林で囲まれている園内は細い枝まで雪が載っているようです  狐も大変人も大変ですがこれも雪国の悩みでしょう。
by ttm1212 | 2012-02-18 14:03
a0089814_16445587.jpg
a0089814_17209.jpg

連日の雪にはウンザリです私が外に出られないものですから後継者にカメラで写してきてもらいました。上はプラム下はプラムと洋ナシですが昨年の傷があなおらないうちにまた大雪です
by ttm1212 | 2012-02-16 17:23
a0089814_11355824.jpg


7月のある日小樽の我が家に出入している方がこられて深川の農地を誰かに貸しているのですか と問われましたが、覚えがないので貸した覚えはないといいますとなにか播いてあるよ  といわれたので8がたので8月17日確認のためうちの人に深川えいって写真をとってきてもらいました。そばがおおきくなつていて花さかりでしたとの報告をうけました。一年耕作をしませんでしたが
まったく耕作の放棄の土地ではありませんので少々腹が立ちましたので深川市の農業委員会の事務局に問い合わせたところすぐ調べて返事をしますと言われましたが中々返事がきませんでしたそのうち地区の農業委員から 申し訳ありませんでしたとの電話があり土地の所有者を間違えていたとの返事でした。後日誤りに来ましたが何とも農村の過疎がまねいたアクシデントでした。
a0089814_10372710.jpg

a0089814_17295121.jpg

広い果樹園は今はわずかなヘーゼルナッツと胡桃のみで昔の栄華今いずこの感がします
16トンのレーキドーザーでサクランボの跋根を平成14年7月北海道開発公社
りんごからサクランボにサクランボがは抜れていまは素畑で雪の下で静かに眠っていまっす。時代を背景に移りゆくその土地の役割がうつりかわりますがこの次にはどのような役目が待つているのでしょうか?。
by ttm1212 | 2012-02-16 11:36
a0089814_16444710.jpg
a0089814_16453736.jpg

昭和35年~45年のカラースライドからプリントしたものをデジカメで撮りパソコンに取り込みました。此の2枚は2丁目から我が家の住宅え入り道に左手に旭の大きな木が3本あり右手は紅玉がありそのりんごの下をくぐって家に帰ったのです。この大きい旭の収穫時期で仕事の小母さんが2人で1日かかりました。20キロのリンゴ箱で90箱もあったのを覚えています。  家の向こうの山に秋には紅葉ガ映えてきれいな眺めでした。この見事な果樹園も時代とともに移り変わりりんご園がサクランボに変わり一部は ヘイゼルナッにクリや胡桃とその時代を背景として変遷をしてきました。
梯子の下の子は小学校え入る前で上の女の子は50代の峠をこえました。見事な果樹園も今はもうありません。 明治なかばこの山は国を守る屯田兵の訓練山で尚武山となずけられ柏の樹がたくさん生えていたと聞いています私の父母 祖父母が開拓の鍬をふしたるい拓いた土地でした。私たちはこの地は一時の神仏様から預かりものです。大事に次の台に渡さなければと思うのですが!、、、、
by ttm1212 | 2012-02-15 18:35
a0089814_10284528.jpg

昨日札幌より来客あり無事帰られたかが気がかりでしたが帰宅されたようで安心しました  ここ連日雪と吹雪で交通機関は麻痺状態で車で来られる方は帰宅まで心配でしたこの地域は日中は青空の良いお天気ですが岩見沢付近は豪雪のようです。雪の話題ばかりで残念ですがお許しください
札幌の雪まつりも終わりましたが まだ春は遠いようです緑が恋しくなりました インフレエンザがはやってつているから人の大勢集まるところへは出ないようにと医師に言われていますので家に閉じ籠てばかりいますと体力が衰えるばかりです。
by ttm1212 | 2012-02-13 11:30
a0089814_14413043.jpg
a0089814_14433661.jpg
毎朝起きるとカーテンをあけて窓の外を見て雪がどの位降ったか確認をしますここ2~3日は毎夜降雪ガあり15cm~20cっまでですが毎日つずきますと平年を超す積雪になり窓の雪もはねなければ窓の高さまで雪がきました.朝陽に映える雪は雪のない地方の方には美しく見ええるかもしれませんがアアまた降ったかでうんざりです。それでもキタキツネは雪の下のネズミ等を探して毎日やや同じようなコースで歩くようです  新しい雪の上に足跡が付いていますキタキツネは一日50キロ歩くそうです  野生動物は生きるために このような雪の中を歩いているのに恐れ入りました。
by ttm1212 | 2012-02-12 15:33
a0089814_19452434.jpg

2月に入っても毎朝20cm位降り1メートルを超えました構造の弱い建物は危険ですので雪降ろしをしなければいけません。母さんも屋根ににあがjつてガンバつています。
by ttm1212 | 2012-02-05 19:58